当院の特徴

ゴールドによる虫歯治療(金修復)

ゴールドによる虫歯治療金修復は、あなたがご自身に贈る最高のプレゼントです。
一般的な詰めものの平均寿命をご存知ですか?
詰めものの周りが虫歯になれば、再治療が必要になり、再治療には、時間とお金、何よりご自身の大切な歯を失うリスクが伴います。
長持ちする治療は、お口の健康を保つことに直結します。
虫歯が大きく進行してしまった場合や再治療などで歯を大きく削ってしまった場合は、もっとも再治療のリスクが低い方法として、ゴールド(金)による治療が第一の選択になります。古くから虫歯治療に用いられているゴールドは、治療技術が発達した現在でも、もっとも長持ちする治療法です。
再治療のリスクを抑え、より長く自分の歯を残したい場合、ゴールドより優れた治療法はありません。
>>なぜ、ゴールドは素晴らしい虫歯治療法なのか?

精密歯科治療

マイクロスコープマイクロスコープ近年、歯科治療の分野は非常に多様化、精密化してきています。
当院では、患者様のご要望に対して出来る限りお応えできるよう診療体制を整えております。
治療の際、歯科医が使用するのは40~50ミクロンが見えることができる“拡大鏡”です。これは世界基準となっています。髪の毛よりも細かい“0.03ミリの違い”にこだわり、肉眼では見えない世界で治療する必要があります。当院では歯科用拡大鏡を使い、精度の高い確かな治療を行っています。

1. スピーディーな診療
「細かく」「鮮明」に歯の状態が見えるため、治療の必要性などの判断が今まで以上にスピーディーに行うことが可能。

2. 治療の精度があがる
拡大鏡では50ミクロンを見分けられるため、発症前の虫歯、細かな破折、見えにくい根管まで確実に捉えられる。そのため、見落としによる再発・再治療を防ぐことができる。

3. 最高の治療行為が可能
使用する医師に対して眼の疲労ストレスを軽減し、正しい作業姿勢へと導くことができるため筋肉疲労を軽減させる。それにより、医師が最高のコンディションで治療行為にあたることが可能になる。

デジタルレントゲンデジタルレントゲンデジタルレントゲンとは、一般的なデジタルカメラと同じように、レントゲンフィルムの代わりにCCDセンサーを使ってレントゲン写真を撮影します。このCCDセンサーの感度が従来までのレントゲンフィルムよりも高いので、レントゲンのX-線被曝量が従来の レントゲンフィルムを使ったレントゲン装置よりもかなり低く抑えられるようになりました。また、デジタルレントゲン 撮影は従来のフィルムを使うレントゲンに比較して様々な利点があります。

1. 画像はすぐ見ることが出来る
デジタルレントゲン画像は現像する必要がありませんので、患者さんをお待たせすることなく撮影画像をすぐ見ることが出来ます。

2. 画像が鮮明
従来のフィルムを使ったレントゲンは、現像液の温度等環境により画像の濃さが違ったりしましたが、デジタルレントゲンは撮った画像がいつも一定で鮮明です。

3. 画像が劣化しない
デジタルレントゲンの画像は デジタル画像ですので、従来までのレントゲンフィルムと違い経年変化がありません。これにより、以前撮ったレントゲン画像と現在のレントゲン画像を比較して行う歯の長期間の経過観察もより正確に行えます。

当院の滅菌対策

横田歯科診療所では、院内感染の不安がなく、安心して治療を受けていただけるように滅菌・消毒に力を入れています。こちらでは、歯科医院での院内感染対策の現状や当院が行っている滅菌・消毒についてご説明します。

オートクレーブオートクレーブ基本セット(ピンセット、ミラーなど患者さんごとに必ず使う器具のセット)と呼ばれる器具類や外科器具など特定の器具を完全滅菌しております。
オートクレーブとは、内部を飽和蒸気によって高温高圧にできる機器のことです。130度以上という高温かつ高圧の蒸気が隅々まで行き渡ることで手洗いでは不十分な器具や器材の細かなところまでしっかり洗浄し、細菌や微生物を死滅させるため、煮沸よりも効率的に滅菌効果を得ることができます。

©  横田歯科診療所 All Rights Reserved.
PAGE TOP