銀座歯科「横田歯科診療所」/治療案内

銀座歯科「横田歯科診療所」ホーム > 治療案内 > 一般歯科

一般歯科

▼むし歯について / ▼歯周病(歯槽膿漏)について

むし歯について

むし歯は以下の4段階の症状に分類されます。
早期発見を心がけ、日ごろの定期健診を怠らないようにしましょう。

「虫歯の初期=C1」イメージ
虫歯の初期=「C1」

エナメル質が脱灰(酸で溶かされること)し始め、実質欠損が見られるようになります。
この段階では、ほとんどの人は虫歯ができたことに気付きません。虫歯の周囲はやわらかくなっていることが多く、いったんでき始めますと急速に進行していきます。


「虫歯の中期=C2」イメージ
虫歯の中期=「C2」

虫歯がC2に達しますと、エナメル質直下の「象牙質」にも実質欠損を認めるようになります。
この頃になると冷たいものや甘いものがしみるようになったり、少しずつ自発痛(何もしなくても発生する痛み)がでます。多くの場合、虫歯と気がつくのはこの段階になってからです。


「虫歯の後期=C3」イメージ
虫歯の後期=「C3」

C2の虫歯が放置され、象牙質によって保護されていたいわゆる歯の神経「歯髄」にまで達した状態です。虫歯が歯髄にまで進行すると、温かいものがしみるようになったり、激しい自発痛や咬合痛がみられます。


「虫歯の末期=C4」イメージ
虫歯の末期=「C4」

歯冠の大部分は崩壊して無くなり、歯根のみが残っている状態です。残念ながら、この段階になると歯を残すことはほとんどできません。


虫歯治療の方法

虫歯治療の方法にはいろいろありますが、基本は「取り除く」ことです。
実質欠損、つまりポッカリと穴が開いてしまった状態では自然治癒しません。エナメル質の脱灰が僅かで実質欠損がない場合はもう一度石灰化(再石灰化)して元の健康なエナメル質に回復することもありますが、基本的には細菌に犯されてしまった病的な歯質は取り残しがないようにしっかりと除去する必要があります。

また、C3以上の虫歯になりますと、いわゆる歯の神経を取り除くことも必要になり虫歯治療としてはかなり厄介です。ですが、歯根が健全な状態であれば根気よく加療することで機能的な歯に修復することが可能です。あきらめて放置しないで頑張って通院しましょう!

つめる、はめ込む、被せる

虫歯治療には大きく分けて3つの方法があります。それは「つめる」「はめ込む」「被せる」の3つのです。

■ つめる (通常は一度の処置で治療は完了します。)
初期の虫歯に限ります。ほとんどの場合、処置は1回で終了します。コンポジットレジンと呼ばれる充填材を使用することにより、天然の歯と区別がつかないほど審美性を向上することができます。

■ はめ込む (型を採る必要があります。最低でも二回以上の治療回数がかかる。)
初期〜中程度の虫歯で、つめる方法では対応できない場合に歯の一部分だけを人工物で補う方法です。材質は金属、レジン、セラミックなどが多く用いられます。

■ 被せる (型を採る必要があります。最低でも二回以上の治療回数がかかる。)
中程度〜重度の大きな虫歯治療に適応されます。虫歯自体が浅くても、それが1本の歯に対して広範囲に及んでいたり数ヶ所にわたって発生している場合は、この手法を選択します。材質は金属、レジン、セラミックなどが多く用いられます。

歯周病(歯槽膿漏)について

日本人の成人の80%が罹患していると言われる歯周病。 初期の状態では殆ど自覚症状が無いために発見が遅くなりがちで、ある程度進行しますと完全治癒することが難しくなります。

歯周病のための定期健診を行う習慣が無いことが歯周病の罹患率を高くしている要因の1つだといわれています。歯周病は、歯槽骨と呼ばれる歯を支える骨が吸収してなくなっていく病気です。

歯槽骨が著しく吸収していきますと、やがて歯を支えられなくなるため抜歯の対象になります。抜歯する前に自然に抜け落ちてしまう場合もあります。歯周病の進行ステージを大まかに分けますと以下のようになります。

「健康な状態」イメージ
健康な状態

歯槽骨が歯根(歯の根っこ部分)全体を取り囲み、歯ぐきが引き締まっている状態で、歯が動揺する(ぐらぐらする)事がありません。また、歯と歯ぐきとの溝が浅く少々の刺激では出血することもありません。


「歯周病の初期」イメージ
歯周病の初期

歯槽骨の吸収が歯根の上部に見られる状態です。このステージでは歯ぐきの炎症も見られることが多く、ブラッシング時には出血することがよくあります。歯槽骨の吸収が歯根の上部のみに見られる程度では殆どの場合歯は動揺しません。
口臭はこの初期の段階からみられます。歯と歯ぐきとの溝も深くなり始めますが、これを「歯周ポケット」といいます。


「歯周病の中期」イメージ
歯周病の中期

歯槽骨の吸収が歯根の約半分(中央付近)まで進んでいる状態です。ここまで進行してきますと、出血以外に歯ぐきの腫れ、自発痛、排膿などが起きてきます。
歯も動揺し始め急激な痛みによって咬むことが困難になることが増えてきます。ほとんどの方はこの段階で初めて異常に気付き歯科を訪れます。


「歯周病の末期」イメージ
歯周病の末期

歯根の先端付近まで歯槽骨が吸収している状態です。軽く風を吹きつけただけでも歯が揺れてしまうこともよくあります。
中期の症状に加えて噛み合わせが崩れることも多く、腫れ、自発痛、排膿、出血、動揺などの個々の症状が強く出る傾向にあります。この段階では歯を残すことはできないケースがほとんどです。