銀座歯科「横田歯科診療所」/治療案内

銀座歯科「横田歯科診療所」ホーム > 治療案内 > 審美歯科

審美歯科

▼ホワイトニング / ▼ラミネートベニア / ▼メラニン除去

ホワイトニング

ホワイトニングには大きく分けて以下の2種類があります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング【器具】

この方法は歯科医院で貴方の歯型から専用のマウスピースを作ってもらい自宅にて専用の溶液を用いて行います。この方法ですと、夜寝ている時間を利用して、マウスピースをお口に装着し、約2週間続けることで自然な白い歯になります。

ホワイトニングジェルはオフィスホワイトニング用の溶液よりも刺激の弱い溶液ですのであまり歯が凍みるようなことはありません。もし歯が凍みるような場合があれば、マウスピースをはずせば痛みはなくなります。

一度白くなった歯は永久に白いままではありません。ホームホワイトニングは元の色調への後戻りが少ないため、半年に1度は歯科医院でみてもらってください。もし、必要であれば、溶液だけを歯科医院で購入して、ご自分のマウスピースで1〜2日行なえばもとの白い歯に戻ります。


オフィスホワイトニング(レーザーホワイトニング)

この方法は歯科医院でレーザホワイトニング専用のジェルを歯に塗り、強い光(レーザー)をあてて白くする方法です。治療を受けた日にすぐ輝くような白い歯になります。

ブリーチングの回数や治療期間には、個人差があります。1回のホワイトニングで希望する白さになる人もいれば、数回のホワイトニングが必要な人もいます。

一度白くなった歯は永久に白いままではありません。定期的にメインテナンスを受ける必要があります。ホームホワイトニングと併用することでより効果が高まります。

ラミネートベニア

歯の表面を少しだけ削りその上にシェル状のセラミックを接着させる方法です。ネイルアートで用いられるつけ爪のようなものです。変色している歯の色調の改善や小範囲の歯並びの改善、隙間の開いた歯の修復、歯の形態の改善に用いられます。

非常に見た目が良く、歯垢がつきにくいのが特徴です。また、歯の表面を薄く削るだけなので、歯にかける負担が少なく比較的簡単な治療で済むことが多い方法です。

ただし、削る量が少ないため自分の歯の色調を完全に遮断しないため色調の改善に限界があること、虫歯などにより残存している歯質の量が少ない場合は適用できないなどの欠点があります。

メラニン除去

歯ぐきの黒ずみ、これは日焼けと同じメラニン色素。そのメラニン色素を取り除けば歯ぐきは健康なピンク色を取り戻します。治療は簡単、レーザー使用で約30分。施術から2週間でピンク色の歯ぐきに戻ります。